「善意」って難しい?

「善意」って難しい?




【善意とは、相手にとって喜ばしいであろうとすることを行う、思いやりのこと。また、相手によい結果を導こうとして行なう意思を指す。対義語には「悪意」がある。】(Wikipediaより引用)

昨日、ちょっとした荷物を送るために宅配便の営業所に行ったら、新型コロナ対策で入所制限されていて、ドアの前に5~6人の列ができていました。
最後尾に立っていたのは中年の男性で、その前は20代くらいの女の子でした。
近づくと、「ありがとうございます。でも、本当に大丈夫です。」という女の子の声が聞こえて、続いて「なんで遠慮するかな~・・」という男性のボヤキ声が聞こえました。

どうやら軽量の荷物を片手に持っただけの男性が、大きな荷物を抱えた女の子に、「良かれ」と思って「並んでる間、荷物を持っててあげるよ。」と善意の声掛けをしたようなのです。

く~~・・・わかる~~~・・・ どっちの気持ちも!^^; と思いました。

こういうこと、時々ありますよね💦
「良かれ」と思う善意の気持ちが空回りしちゃうこと・・・
また、逆に、善意を盾に、急に距離を縮められてドギマギしちゃうこと・・・

でも、この頃気付いたのですけれど、この「善意」から発生するギクシャクは、60歳を超えた頃から、急速に減少しました。

善意を投げかける側の立場になった場合は、【加齢とともに人間としての勢いが衰えたことで、相手に警戒心を持たれなくなった】
善意を受け留める側の立場になった場合は、【加齢とともに鈍感力が培われ、少々のことではびくつかなくなった】

せいなのかな・・・と自己分析しています^^

今はご近所付き合いもサラっと淡泊ですが、もしかしたら、今後は歳を重ねるごとに距離が縮まり、やがては、「良かれ」とお節介をし合う仲を心地よく感じる境地に行きつくのかもしれません^^;



・・・・今週の食卓の花。

昨日の画像にもチラっと写っていたネベリアクラスタースター。
南アフリカ産のお花なのだそうです。
お花に見える部分は蕾で、開花はしないそうです。
「よしよし」したくなる可愛さです^^



ランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村