夢の話。

夢の話。






以前の記事で、【夫からインゲンマメが詰まった箱を「幸せの箱だよ。」と渡された】という夢のことを書きましたが、実は私はほとんど夢をみません。
(きっと見てるのでしょうけれど、朝になると忘れてしまっているのだと思います^^;)

けれど今朝は、昨夜の夢をはっきり覚えていました。
目覚ましのアラームが鳴った時もまだ夢は続いていて、もう少し見ていたくて、アラームを止めて二度寝しようとしましたけど失敗+_+   すごく残念でした。

夢の中の私は(本当は裁縫がとても苦手なのに💦)長いジレのような厚手の布(ベージュ色の帆布のようでした。)に、15cm四方くらいのポケットを無数に縫い付け、クリスマスのアドベントカレンダーみたいに、ポケットの中に一つ一つプレゼントを入れていきました。
プレゼントといっても妙なものばかりで、缶詰だったり、紐の束だったり、一貫性もなくて💦、でも、夢の中では「貴重な物」として認識していました^^;

完成した重くて長いジレを抱えて原っぱのような所へ行くと三女が待っていて、「お母さん、ありがとう!」とジレを羽織り、踊るようにくるっと回転しました。
夢の中の私は、私が作ったジレを纏った三女を見ながら、「もう安心。良かった。」と思っていました。変な夢ですけれど、ずーっと見ていたい幸せな夢でした。

娘の夢を見たのは、10年ぶりでした。(夢を見たことをツイッターに残していて^^;、日付を調べたら、2011年9月9日になっていました。)
10年前に見た夢は、長女の夢でした。
ツイッターには「夢を見た。娘が歌を歌っている夢。広い野っぱらみたいなところで。ドラムとのデュオで。涙が出るほど綺麗な声で。」と記されていました。(私が離れて暮らす娘たちと再会?する場所は、原っぱ限定?・・と、ちょっと笑ってしまいました。笑)
この時の夢はとても心象深く覚えていて、「長女は長女らしく、長女の人生を歩き始めたんだなぁ・・」と思った記憶があります。


東洋大学社会学部社会心理学科の松田英子教授によると、
「睡眠中の脳はその人が今まで経験した情報を整理していて、その過程で脳の中で再生される個人的なドキュメンタリー映画が夢」なのだそうです。
ただし、
「子供の頃は、実際に体験していないことでも映像で観ていたり、想像したことがあったりすると、それらを組み合わせた現実では起こり得ないものが夢になることがある。」 とのこと。

経験(もしかしたら意識下に埋もれてしまっていた見聞きした様々な断片も含めて)を繋ぎ合わせたら、インゲン豆の箱や、無数のポケットが付いたジレや、ドラムの音で歌う長女をテーマにした個人的なドキュメンタリー映画が出来上がる・・・ということなのでしょうね・・・
確かにとても個人的で、私にとってのみ「意味のある」映画です。笑

そして、これも随分前にアメブロに記したことがあるのですけれど、かつて友人が「カクカクさんの夢を見た!」と話してくれた『全ての人類が四角くて、道を曲がる時も90度でカクっと曲がらなければ規則違反で捕まってしまう世界』の夢や、
私が数年前に見た『夫がブルゾンちえみさんと一緒に秘密結社を作ってスパイとして活動し始めるという夢(その結社に所属している人たちは全員、先が矢印になった悪魔みたいな尻尾が生えていて、行方不明になった夫を探していた私にブルゾンちえみさんから電話があり「あなたのご主人は、あなたとの生活より私たちの仲間になることを選んだのです。」と告げられました。)』は、きっと友人や私の中に残る「子供心」が見せてくれた夢なのでしょう・・・
特に私が見た夢は、「個人的なドキュメンタリー映画」ではなく「現実では起こり得ないこと」にカテゴライズしたいです^^;



・・・・レモンケーキ。
夫の職場のスタッフさんが家庭菜園で育てられたグリーンレモンをお裾分けでいただいたので、レモンピールも使ってレモンケーキを焼きました。
ヨーグルトとレモンの風味が爽やかでカロリー控えめなケーキです。
レシピも簡単でおすすめします♪
国産レモンをゲットされた折にはぜひぜひ^^




・卵2個、甜菜糖90gを泡だて器でよく混ぜ(電動のものがあればそちらで♪)、ヨーグルト120g・オリーブオイル大さじ4・レモン果汁大さじ2・みじん切りのレモンピール1/2玉分を入れて混ぜ、薄力粉120g、ベーキングパウダー小さじ2を加えて、ゴムベラでさっくり混ぜる。
・型にオリーブオイルを塗り、生地を注ぎ、空気抜きをして180度のオーブンで8分焼き、ケーキの中央に竹串で1本切れ目を入れ、再度170度のオーブンで30分焼いて完成。以上。

画像では、レモンピールを薄くスライスしたものを香りづけにトッピングしています。
冷蔵庫で冷やして食べる方が美味しさが増すように思います。



ランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村