心の筋力の自主トレ

心の筋力の自主トレ




【こ】心を守る 

「私達にとって結婚は、自分たちの心を大切に守りながら生きていくために、必要な選択でした。」

先日の記者会見で、30歳の若さで結婚という新たなスタートを切る晴れの日に「心を守る」という言葉が使われたことに痛々しい思いがしました。

「オープンマインド」という言葉に示されるように、本来幸せな心の状態は、開け放たれ、他を積極的に受け入れる姿勢を持つはずで・・・

「心を守る」という状況は、他を畏れ警戒し、扉を閉ざした状態をイメージしてしまいます。

では、私達が健全に心の扉を開け放すためには、どのような条件が必要となるのでしょう・・・
開け放した扉から、たとえ何が飛び込んできても、揺るぐことのない屈強な屋台骨となるのは何なのでしょう・・・

強いストレスの中で最高のパフォーマンスを実行することが必要なアスリートやスポーツ選手は、身体のトレーニングのみならずメンタルのトレーニングにより「メンタルタフネス」を身に付けていきます。

つまり、身体の筋肉と同様、心にも筋肉のようなものがあり、鍛えれば鍛えるほど強くなっていく・・・心の耐性が育つのです。

メンタルトレーニングの実践方法の一つに、
自分の心の中で整理できていないものや陰に隠れているものを炙り出すために、「自分は何に不安を感じ、何が弱みで、何が問題なのか・・・ 本当は何をしたくて、何が大切なのか・・・」を全て書きだすことがあります。

人間は頭の中で整理できていないものに不安感や恐怖感を抱いてしまう傾向があるので、頭の中にモヤモヤといつく脅威のようなものを、全て「見える化」するところからスタートするのです。

この作業により、モヤモヤと塊になっていた脅威を紐解いてみたら、案外、1個1個は「大した相手ではない」と思えるかも知れません。

私自身、加齢とともに論理的な気持ちの整理が行き届かないことが増えてきて^^;、時折、「なんだかわからないけど元気が出ない・・」と、漠然とモヤモヤしてしまうことがあります。

そんな時に、自分の頭の中、胸の内を探って、モヤモヤを紐解いて列挙してみると、絡み合っていた一つ一つの問題は、「なーんだ。こんなこと?」なことが多いです^^;

そこで、映画【キングダム】の中で長澤まさみちゃんが演じた楊端和の決めセリフ!「〇〇ごときに屈する我らではない!」を発して、モヤモヤを飛ばします。

この、心の筋力トレーニング。手軽にできる自主トレですので、ぜひお試しになってみて下さいね♪



・・・カッペリーニの冷製トマトパスタ と ビーツのポテサラ。

昨夜は、KALDIで購入していたカッペリーニ・トマト缶・冷製トマトソースを使ったパスタと、ビーツ入りポテトサラダの献立でした。
ビーツとジャガイモが混然一体となって♪、とっても美味しいポテサラに仕上がりました。
ビーツ、「推し」です。笑






ランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村