流行を追っかけない工夫。

流行を追っかけない工夫。




【は】流行(はやり)を追っかけるのではなく、上手に応用する工夫。

私はアメブロで、公式ファッションブロガーとして毎日のコーディネートをアップしています。

ファッションブロガーというと、季節ごとにトレンドのファッションアイテムを買い足して、とっかえひっかえ沢山のお洋服を着ているイメージがありますが、
私自身のコーディネートは圧倒的に年代物のアイテム活用が多く、20年もの、30年ものも現役として活躍してくれています。

私と同世代のバブル期を経験していらっしゃる皆様は、「年季入ってるけど、愛着があって捨てられない~T_T」というお洋服や小物をお持ちの方、多いのではないでしょうか・・・

私もそうで、特に私は価格に関係なく「気に入ったもの」は手放せないタチで^^;、「気に入って手に入れたもの」は、経年劣化してどうしようもなくなった場合と、娘たちに譲った場合を除き、全て持ち続けています。

そして、「気に入ったもの」を眠らせたままにしておくのは忍びなく、トレンドは過ぎてしまっているけれど、何とか素敵に着てあげたいなぁ・・という思いがいつもあります。

そこで(私のブログを長くご覧いただいている皆様は、ふむふむ・・と合点していただけるかと思いますが)、そういう「流行遅れ」のアイテムを復活させるためのアイテムを、【触媒アイテム】と名付け、「お助けアイテム」として投入することがあります。

【触媒アイテム】は、これ一つで、何着ものお洋服を「流行遅れの古さ」から救う力を持っています♪

例えば、今季ZARAで購入した乗馬風ブーツ。
購入した理由は、「微妙に流行遅れの膝丈スカートを穿きたかったから~」(チコちゃん風^^;)です。

ここしばらく、マキシ丈が人気ですが、私は「奥様は魔女」のサマンサが穿いていたような短めのスカートもとても好きです。
そういうスカートたちを復活させる【触媒アイテム】として、

・膝まで長さがあり
・ゴツ過ぎなくて、心持ち重量感を感じるデザイン
・シンプルな黒
・できれば低価格

のものを探し、ポリエステル素材の8000円台の乗馬風ブーツを見つけました。
本革製でないため、雨や雪の日にも履くことができて、重宝しそうです。


「微妙なスカート丈にはロングブーツを合わせればok!」だと気づいたのは、
↓の中村江里子さんの着こなしからでした。
オーソドックスな普通丈のコートを、黒のロングブーツでシンプルにまとめていらして素敵です♪




そこで、温かくて気に入っている年代物^^;のブークレーニットワンピースに乗馬ブーツを合わせて着てみました。
アウターはチェックのステンカラーコートです。
ワンピースはUNIQLO、コートはGU・・・ 二点合わせて、7000円~8000円くらい^^;
でも、どちらもとても好きなテイストで、大切に着続けたいアイテムです。
(バッグは母から譲られた20年現役選手^^;です。)



私と同じように、「微妙な丈感のスカート、どうしよう・・」とお悩みの皆様には、
「華奢過ぎず、膝まで長さのあるブーツを買い足す」工夫をおすすめします。
ブーツ一足を触媒として使うことで、いくつもの休眠アイテムを復活させることができます♪

そして、今年の冬は寒い予報・・・
本革ではなく、ポリエステル加工のブーツを選ばれると、廉価である上に、タイツを重ね履きすることで保温効果もありますし、雪の日にも履くことができます。
対応年数は3年程度と言われていますが、逆に、「三年も履けるの?」という価格帯です^^

私もこれからしばらく、触媒ブーツ活用コーデをアップしていく予定ですので、
ご興味がおありの方はアメブロを覗いてみて下さいね♪



・・・・ピエルニキとホットワイン。

昨日のおやつは、クリスマスが近くなるとKALDIに登場するポーランドのジンジャーブレッド=ピエルニキと、飲み残したワインで作ったホットワインでした。

一緒に並べてあるのは、友人にもらった薔薇の形の松ぼっくりです。
毎年クリスマスオーナメントとして使っています。

ピエルニキとホットワイン・・・昨年のインスタに、デジャブのように全く同じ組み合わせをポストしていました^^;

映画「日々是好日」で樹木希林さんが呟いたセリフ
「こうして毎年、同じことができることが幸せ・・・」を思い起こし、色々あった一年でしたが、こうして無事にまた年の瀬を迎える準備ができていることをありがたく思います。




ランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村