邪魔者は消えて行く。

邪魔者は消えて行く。





昨日、掃除機をかけていたら、私がPCを置いているデスクの下でアンドリューの死骸を発見しましたT_T(初めてブログをお読みいただく皆様へ。アンドリューは我が家に住み着いたハエトリグモで、虫を苦手な私が何とか親近感を持ちたくて名前を付けました。)

数日前に冬物の寝具をベッドにセットしていた時、ピョン!と毛布の上に飛び乗ってきたので、「あーびっくりした!寒いの?でもダメだよ。ベッドにいると潰しちゃうから。どいて。シッシッ!」と追い払ったのが、生きているアンドリューを見た最後でした。
もう少し優しくしてあげたら良かったT_T
死んでる虫を見て悲しいと思ったのは生まれて初めてでした。
ずーっと迷惑だと思っていたけど、やっぱり名付け効果なのか、愛着が湧いていたのだと思います。


今日のタイトルの邪魔者は、アンドリューのことではなくて、ブログの大きなテーマでもある「だんだんと美しくなる人生」に関することです。

先日ステーキ肉をお土産にくれた夫の弟夫婦は今年の夏に結婚したのですが、緊急事態宣言が解除され、ご縁のある人たちを招いて披露宴を開きたいとのことで、その相談に来ました。
11月下旬の週末の日取りを検討していた際に、夫が「あれ?もしかしたら、まさみちゃんのチケット当たっちゃうってことない?」と私に尋ねたので、びっくりして「ないない。全滅だよ。一応一般発売にも応募するけど、週末なんてまず無理だから。」と答えながら、心の中で『なに?この流れ・・💦』と思っていました。

冠婚葬祭という家にとっては優先順位一位であるはずの予定決めに、『私が長澤まさみちゃんの舞台を観に行く日が重なる可能性があるか否か・・・』みたいなことが忖度(笑)されるって、ほんの10年前までは考えられない事態です。
これはもう、一家の長の役割が夫の父ではなく、夫と弟の世代に譲渡された・・ということなのだろうと思います。

改めて、「これはすごいことですよ!」と思いました。
歳を取るごとに、色々な枷が外れて楽になってきたな~・・・という実感はありましたが、とうとうここまで来たか!という感慨があります。

結婚することで親の管理を外れ、子供たちが成長することでPTA関連の気の張るお付き合いからも外れ(娘たちが帰国子女であったことでご心配いただくことも多かったのですが、反面、娘のみならず私自身へのご忠告をいただくことも多く💦、当時はドラえもんに『石ころぼうし』を出して欲しいと思っていました。※『石ころぼうし』石を模した帽子型の道具で、これを被ると道端に落ちている石の如く、姿は見えているものの誰からも気にされなくなる。)、仕事をリタイヤしたことで決められた時間枠から外れ・・・と、いつの間にか私はとても自由にふるまえる人になっていました。

そして、まだ経験していない70代や80代には、きっと、もっと自由の幅は広がっているのだと思います。
若さと引き換えに与えらえる自由♪
その自由を味わい尽くすために元気でいなきゃ!と改めて思います。



・・・塩おでん。
我が家の定番おでんです。
胡麻油で焼き色を付けた手羽先と、生姜とネギをたっぷり入れた鶏団子と、大根が入っていれば成立します♪
おでんつゆは、白出汁に柚子胡椒を溶いたものです。
「いつものおでんに飽きちゃったな~・・」という時に、お試しになってみて下さい^^

おでんって、ご飯(白米)に合いませんよね💦
いつも主食で悩むのですが、昨夜はペッパービーフが残っていたので、ペッパービーフと大葉と茗荷と炒りゴマのお寿司にしました。
なかなか良いハーモニーでした♪






ランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。
  ↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村